koshian

GBPJPY 4時間足チャート分析6/14~ 長期金利の低下とEUとの通称協議注視か?

OANDA:GBPJPY   ポンド/円
=環境認識=
週足=始値155.086→上値=155.317→下値154.134=終値154.729(▲0.23%)
米英長期金利の低下で上値が伸びず終了。

主な動き→
6/9=英国ホールデンMPC委員の金融引き締め発言→ポンド買い→ポンドドル=1.4188 ポンド円=155.30↑
英国10年債権利回り低下→ポンドドル=は1.4164、ポンド円=155.06
さらに、北アイルランドの通商を巡り英国とEUの対立が再び懸念=ポンド売り→1.4109

6/10=北アイルランドの通商をめぐりEUの対立懸念からポンド売り→ポンドドルは1.4072、ポンド円は154.13。米CPIを受けて円売り・ドル買いが進行し109.79まで上昇。

6/11=米国10年債権利回り上昇→ドル買いや英国新型コロナウイルスの新規感染者数が増加→懸念からポンド売りに。ポンドドルは1.4095→ポンド円154.64まで低下

=シナリオ=
① 米国・英国とも長期債券利回りが低下→米国=1.5割れ1.428まで下がり、英国も週末→0.691まで下がりドル円=110円、ポンドル=1.4200を更新できずに終了したので今週も利回りを注視しての動きになります。
② さらに新型ウイルス変異株の影響で6/21ロックダウン解除が実現するのか? 14日に決定するとのことで延長されればポンドは一旦売りが強まると思います。
③ EUからの離脱における北アイルランド通商協議問題も再浮上しているので警戒してください。G7においてもジョンソン首相は歩み寄りをする気がないようです。
④ 今週もオレンジライン(上値=155.288→155.757ライン、下値=154.115→153.99を目安)にレンジ。
⑤ 先週高値(6/9)時=155.317→ポンドル=1.4186→ドル円=109.486

※今週も上値は156.00設定なら→1.4200-1.4180→109.86-110.01を目安に。

コメント