Saito_Manabu
ショート

2019年8月12日のFX為替相場予想

FX:GBPUSD   ポンド/米ドル
【明日の予想通貨ペア】(欧州時間まで)

ポンドドル 1.2027 下落 (4時間足)↓
予想レンジ 1.1160~1.1260


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【前日の概要】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NYダウは+371ドル高、日経平均株価も+91円高の20684円で引けました。
ただ、ドル円は上昇一服し106円割れ、クロス円も売りに押されています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【前日の結果】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ダウ平均・・・・26287.44(-90.75 -0.34%)
・日経平均・・・・20495(-155 -0.76%)
・NY金先物・・・・1508.50(-1.00 -0.07%)
・NY原油先物・・54.50(+1.96 +3.73%)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【経済指標】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★★
10:30 (中) 7月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
前回:2.7% 予想:2.7% 結果:2.8%
★★★
10:30 (中) 7月生産者物価指数(PPI)(前年同月比)
前回:0.0% 予想:0.0% 結果:-0.3%
★★★
15:00 (独) 6月貿易収支
前回:206億ユーロ 予想:198億ユーロ 結果:168億ユーロ
★★★
17:30 (英) 6月月次国内総生産(GDP)(前月比)
前回:0.3% 予想:0.1% 結果:0.0%
★★★
17:30 (英) 4-6月期四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)
前回:0.5% 予想:0.0% 結果:-0.2%
★★★
17:30 (英) 4-6月期四半期国内総生産(GDP、速報値)(前年同期比)
前回:1.8% 予想:1.4% 結果:1.2%
★★★
17:30 (英) 6月鉱工業生産指数(前月比)
前回:1.4% 予想:-0.2% 結果:-0.1%
★★★
17:30 (英) 6月鉱工業生産指数(前年同月比)
前回:0.9% 予想:-0.2% 結果:-0.6%
★★★
17:30 (英) 6月製造業生産指数(前月比)
前回:1.4% 予想:-0.2% 結果:-0.2%
★★★
17:30 (英) 6月貿易収支
前回:-23.24億ポンド 予想:-26.00億ポンド 結果:17.79億ポンド
★★★
21:30 (米) 7月卸売物価指数(PPI)(前月比)
前回:0.1% 予想:0.2% 結果:0.2%
★★★
21:30 (米) 7月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)
前回:1.7% 予想:1.7% 結果:1.7%
★★★
21:30 (米) 7月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)
前回:0.3% 予想:0.2% 結果:-0.1%
★★★
21:30 (米) 7月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前年同月比)
前回:2.3% 予想:2.4% 結果:2.1%


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【明日の戦略】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★━ ポイント ━━━━━━━━━━━
▽弱気材料:NYダウの反落や欧州株安
△強気材料:なし
◆ドル円は一時105.27円まで下落
◆クロス円も全面安
◆米10年債利回りは1.745%へ上昇
◆ドルストレートはポンドが売られる
◆円比率ショートがマイナスに転じる
◆ユーロのロングが上昇
◆ポンドと豪ドルはショートが増加
◆米国株は反落
◆欧州株は-1%安
◆原油は+3%高
◆金は-1ドル安
◆東京市場は山の日で休場
◆Weekend Wall Streetは-40.5ドル安と続落
◆日経平均先物は-158円の20526円
☆やや円高気味で推移と予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<指標悪化でポンド売りが目立つ>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週末のNYダウは、-90ドル安と反落しました。
週末を前にポジション調整が入ったほか、トランプ大統領が「対話は継続しているが、当面の合意はない」と述べたことで不透明感が漂っています。

ドル円は一時105.27円まで下落、クロス円も全体的に売られました。

通貨別にはポンド売りが強く、4-6月期GDPが7年ぶりにマイナスとなったことで、対ドル・対円とも2016年12月以来となる安値水準まで下落しています。

米10年債利回りは1.745%へ上昇したものの、自律反発程度の上昇です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<円比率ショートがマイナスに転じる>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IMM通貨先物ポジションは、円ショートが減少し円高となりました。
ロング比率よりもショート比率の方が勝っていて、リスク回避の動きがうかがえます。

ユーロのロングが上昇した一方、ポンドと豪ドルはショートが増加。
金と連動しやすいユーロ以外は、厳しい地合いが予想されます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<ドル円 オーダー状況>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ドル円(OANDA)


日経平均先物は、時間外で-158円の20526円と反落しました。
山の日の振替休日で東京市場は休場、欧米株の下落により為替はやや円高気味で推移と予想します。

Weekend Wall Streetは、-40.5ドル安と続落しています。

いつものように、寄り付き前のレートをブログへ掲載します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【経済指標】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(休場) 東京市場
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプセンター 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト