masao_shindo
教育

ローソク足の「型」を理解する

TVC:IXIC   ナスダック総合指数
(IXIC)ナスダック総合指数 日足

連日の史上最高値更新となっている「ナスダック総合指数」です。

コロナショックの影響を受けにくいとされる、ハイテク関連株を中心に堅調推移を続けています。

そのナスダックに、小さな変化が起きました。

その変化とは、「抱き線(包み足)」が出てきたということです。

この「抱き線(包み足)」はローソク足2本を使った分析のパターンの一つです。

何を意味しているかというと、高値に出れば天井暗示、安値に出れば底値暗示となります。

この線は、前日のローソクをすべて包み込む線なので抱き線とか、包み足という言い方をします。

チャートの形状を見ると前日の足よりも更に高値を更新したまでは良かったのですが、そこから、前日の安値をも下回る下落を見せました。

それにより、もし二日間の値動きを1本のローソク足にした場合、上ヒゲの長い陰線になります。

これが、反転する暗示となっているのです。

ただし、絶対に天井を打ったと決めつけてはいけません。

このようなチャートパターンが出てきたときは、注意して、慎重に見ていくようにしましょう。

小さな変化が大きな変化に繋がっていくのかどうか。

注目ですね。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト