masao_shindo
ショート

フォーメーション分析 ~ヘッドアンドショルダー~

TVC:JXY   円指数
円インデックス 日足チャート

フォーメーション分析には、トレンド転換のパターンとトレンド継続のパターンがあります。
今回のヘッドアンドショルダー(三尊天井)はトレンド転換のパターンです。

勿論、円インデックスのチャートを見ている限り、ヘッドアンドショルダーが完成したとは未だ言えませんが、
ヘッドアンドショルダーの形状に似てきているので記載させていただきます。

では、ヘッドアンドショルダーが完成される過程を見ていきましょう。
まずはダウ理論に基づいて高値、安値が共に切り上がる上昇トレンドがあります。
左ショルダーのところまでですね。
次にヘッドのところからはトレンドラインを割ってくるケースが多くなります。
そして、右ショルダーのところで、高値、安値共に切り上げの動きに変化が出てきます。
ヘッドの高値を挟んでいる両側の安値を結んだ線をネックラインといいますが、
右ショルダーからネックラインをわってくると、ヘッドアンドショルダーの可能性が一気に高まります。
ダウ理論的には今度は高値、安値が共に切り下がる動きになってきます。

最後に、ネックラインを割った価格が「リターンムーブ」というネックラインに向けた動きを見せて
「サポレジ転換」の確認をします。
そうなるとヘッドアンドショルダーの完成となります。

現在は、「リターンムーブ」の確認を待つだけの状態となっているのが分かりますね。

円インデックスがヘッドアンドショルダーの形になるということは、クロス円が円安になるのでしょうかね?
ここからの動きに注目していきましょう!
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

いつもわかりやすい解説有難うございます。
返信
@k-mak, さん

コメントありがとうございます。
記事作成の励みにさせていただきます。
宜しくお願い致します。
返信
わかりました!
とっても勉強になります!!
返信
@maaaaasa, さん
勉強になってよかったです。
一緒にもっと勉強していきましょう!
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト