Nekko

日米の株価指数推移から今後のマーケットを予想

教育
OSE:NK225M1!   NIKKEI 225 MINI FUTURES
<日本>
日経225:青
Topix:オレンジ
マザーズ:水色

<アメリカ>
ダウ:黄色
S &P:赤
ナスダック:紫

時間軸は新型コロナウィルスが流行り始め、そこから株価が底を打って回復傾向になった2020年3月末を今回の比較の起点とします。

上記の色と、チャートを見比べると大局的な傾向がつかめます。

・日本より、アメリカの方が回復傾向にある

・日本は2021年9月あたりを高値として、以降は下降トレンド入りしている

・日、米 共にハイテク株が上場する新興市場は直近、大きな下げが来ている


以上から
今後のトレンド予測として
・日本のマーケットはハイテク株がこのまま下がり続けると、日経平均、Topixも下げていく可能性

・アメリカのマーケットもハイテク市場(ナスダック)がキーとなるでしょう。今まで高値更新を続けてきましたが、直近では安値更新となってしまいました。
このまま下降トレンドに入るのか、保ち合いを経るのか、はたまた反転するのかは分かりませんが、ダウ、S &Pが未だ堅調なだけに、ナスダック市場の動向はマーケット全体にインパクトを与えると考えられます。
その意味でもナスダック市場の今後に注目したいところです。