ukon_shima

日本株 鳴くまで待とうほととぎす

TSE:TOPIX   TSE FIRST SECTION ISSUES
ビギナーの初投稿です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【普段のチャート仕様】
 ・指数平滑移動平均(短期:11日、中期:22日)
 ・インパルスシステム(※)
 ・エンベロープ
 ・MACD
 ・フォースインデックス(指数の為表示されません)

これらに、今回は回帰トレンドを被せてみました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【結論】
現状は様子見がいいのではないかと思います。
外部要因や政治的な国内要因もあり、将来的なことはわかりませんが、ある程度の
ルールに基づいてトレードすることが資金を守ることに繋がると考えます。

【理由】
①今年前半の高値からの回帰トレンドは緩やかな上昇トレンドを形成している
ものの、現状は2020年3月17日が起点のトレンドライン上でギリギリ持ちこたえて
何とか今年の3月19日が起点のトレンドライン上(週足の中期線:1966.53pt)ぐらい
まで這い上がったところ。慣性はまだまだ下方向。

②他の指数に引っ張られる可能性もある。
同条件で回帰トレンドを被せてみたところ、NIKKEI225は緩やかな下降トレンドを形成。
(ジャスダック指数:緩やかな上昇トレンド、マザーズ指数:緩やかな下降トレンド)

③インパルスシステム(※)は買いを許可していない。
インパルスシステムでの許可事項は、様子見か売りのみ。現状は、週足のローソク足が
まだ赤いので、これが青に変われば買いが許可される。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ご参考まで。ご存じの方はすみません
【(※)インパルスシステム】
アレクサンダー・エルダー博士が考案したトレードシステム(ルール)。
条件によって、ローソク足(バー)が赤、青、緑に変わります。

・赤 
許可事項:売り・様子見、禁止事項:買い
赤の条件:指数平滑移動平均が下降+MACDヒストグラムが下降

・青
許可事項:買い・売り、禁止事項:なし
青の条件:指数平滑移動平均が上昇+MACDヒストグラムが下降
      もしくは指数平滑移動平均が下降+MACDヒストグラムが上昇
     (どちらかが相反する状況)

・緑
許可事項:買い・様子見、禁止事項:売り
緑の条件:指数平滑移動平均が上昇+MACDヒストグラムが上昇

例えば、スインググトレードの場合は週足をメイン画面として日足と両方で判断します。
片方だけでは判断しません。どちらかの画面に赤か緑が入れば、買い禁止、売り禁止と
いうルールです。赤が青に変わった時点で買いのタイミング、緑が青に変わった時点で
売りのタイミングという感じです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------