tomitoko

【ダウ予想】10/8(金)9月雇用統計へ向け、どう動く?【2021年10月4日-8日】

ショート
OANDA:US30USD   US Wall St 30
先週9/27の週は、なかなか激しい動きの一週間となりました。

10/1(金)に大きくリバウンド(約950ドル)したものの、金利上昇、米債務上限問題、期末手仕舞い売りなどで、9/28(火)約730ドル、9/30(木)約850ドルと、コロナショック以来最大の下げ幅でした。

さて、今週10/8(金)は9月雇用統計の発表です。

先週末金曜日のリバウンドは継続するのでしょうか。それとも、また下落基調に戻るのでしょうか? 

10月のシーズナブルパターンだと「月中から回復」することが多いとされていますが、今週はまだまだ、荒れそうな予感です。

■主な予定
10/4(月)米)耐久財受注、日) 岸田内閣発足
10/5(火)米)ISM非製造業景況指数
10/6(水)米)ADP全国雇用者数
10/7(木)米)新規失業保険申請件数
10/8(金)米)雇用統計

TradingViewでは同時に複数のチャート表示が可能です。
NYダウ(us30)、S&P500(spx500)、ナスダック(nas100)、日経225(jp225)、米国債10年利回り(us10y)、恐怖指数(vix)、ビットコイン(btcusd)、ゴールド(xauusd)の8つのチャートを同時に表示させてみました。
※無料プラン1つのみ、PROプラン最大2つ、PRO+プラン最大5つ、PREMIUM最大8つまで表示可能だそうです。