masao_shindo

トレンドラインを引こう ~トレンド転換の流れ、オシレーターの意味を知る~

教育
FX:USDJPY   米ドル/円
トレンドラインを引こうシリーズです。

銘柄はドル円 日足チャートです。

移動平均線大循環分析(イド大)では、第5ステージです。
第4ステージの下降期から第5ステージの下降期の終焉となってきました。

移動平均線大循環分析でのトレンド転換は、価格の動き、短期移動平均線の動き、帯の変化から確認していきます。

複合的に見る場合は、大循環MACD(大マク)と大循環ストキャス(大スト)の変化などからトレンド転換のヒントを探します。
今回は帯MACDが縮小して最初のサインが出ています。ただし、帯MACDの縮小はダマシも多いですよね。
次に大ストの買いサインが出てきています。その後に、トレンドライン上抜けのサイン、そして、イド大のステージの変化となっています。

帯MACD→大スト→トレンドライン→イド大となっています。
これは、状況によって違いはあるでしょう。
ただし、それぞれのオシレーターの特徴を理解することで、ヒントを探すことができます。
そして、サインが多くなればなるほど「エッジ」が出てくるということですね。

チャートの中になるヒントを一つでも多く探して、トレードの成果を上げていきましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。