OANDA

ドル円は先週の109.20-109.70付近のレンジに注目。クリスマス前の流動性低下にも要注意!?

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY
先週のドル円は方向感の鈍い動きが続き、109.20-109.70付近の狭いレンジ内の推移が続いています。
今週は、このレンジを上下いずれに抜け出すかで短期的な方向感を探っていきたいところです。
ただし、今週は水曜日がクリスマスとなり、欧米を中心に前後が祝日となる国が多く、市場参加者が大きく減ることが想定され、流動性が低下し、閑散とした状態が続くなか、荒い値動きとなる可能性も考えられ、普段以上に読みにくい相場となる可能性があるため、注意が必要です。
また、クリスマス中は、FXの取引時間にも制限があるため、保有ポジションの管理もしっかりと行いたいところです。

コメント