Mshi
ロング

USD/JPY ドル円の来週の相場観

OANDA:USDJPY   米ドル/円

みなさん、こんにちはこんばんは。
M氏こと「さんちゃん」と申します。

さて今回は【為替・FX】ドル円がこれから「どうなって行きやすいのか」を見て行きたいと思います。


はじめに


さて今週のドル円ですが今の所

6:4で上ではないかな?
と個人的には考えています。


ドル円日足


上昇要因
①チャネル内での推移
②長期MAでの反発
③チャネル底での反発

下落要因
①中期MAのふた
②200日線のふた


ですが僕は上目線です。
僕の中ではやはりチャネルが効いているのが大きいですね。
ただ中期MAと200日線。
ここを明確に超えることができるかが今後の上昇目線に置ける勝負のポイントになってくると思います。

「下落要因を否定できるか」

ここが今後の相場を占ってくるように思います。

ドル円 4時間足


上昇要因
①チャネル内での推移
②MA200での反発
③チャネル底での反発

下落要因
①中期MAのふた
②下降チャネルセンターライン


4時間レベルではまだ中立といった感じ
ただチャネルの底で反発していること、そして日足レベルでの買い根拠があることなどを鑑みて総合ではロングと言う感じです。

ただ現状中期MAのふたが少し気になるますね。ここから短期的に少し落としてもおかしくはない形です。なので押し目があったら買う的な目線で良いのかな?とは考えています。

ドル円 1時間足


上昇要因
①チャネル内での推移
②上方向のPO
③チャネル底での反発
④トレンド反転

下落要因
①MA200


1時間レベルでも上方向です。
ほぼ下を目指す要因はないように感じます。ただポイントとしてあげられるのがここからいかに中期MAがサポートになっていけるか。このあたりには要注目でしょうか。

ドル円 まとめ


さてドル円ですが先週は調整相場でしたね。もう少し上げてくると思ったのですが一筋縄では行きませんでした。その代わりにど底では拾えたのでそこは満足しています。

今回の記事のおさらい
①基本的には上目線
②日足中期MAに警戒
③200日線も危険
④チャネルの反発確認
⑤わらない限りは上目線

良い分析ですね。ご苦労様。今後も期待しております。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト