FX365_Thailand
ショート

【USDJPY】相場分析20200314 ドル円下落目線を維持するたった一つの根拠

FX:USDJPY   米ドル/円
現在の高ボラタリティ相場の中でも、特に乱高下をしているのがドル円。
一体どこまで下がるのかと思わせられたと思ったら、翌日には急騰と、大きく動く相場に混乱している読者も多いことと思います。

僕の相場感としては、ドル円は今後も下落継続と見ています。
その根拠はテクニカル分析のたった一つの指標です。
今日の相場分析ではそれを解説したいと思います。

<長期足>
月足
長期トレンドでは、高値が赤の下降ラインに沿って下落しつつ、安値は緑の上昇ラインに沿って上昇するという三角保ち合いを形成していることがわかります。
そして最後の月足(未完成)が非常に長い下ヒゲをつけて、この三角を下に抜こうとしてきた形跡が確認できます。



週足
週足に降りると、上記ローソク足の長い下ヒゲの足跡を追うことができます。
大陰線で三角の下限を抜いた後、これまた非常に長い下ひげをつけて大陽線で三角の内部に戻るという動きがわかりますね。


<中期足>
日足(最上部チャート)
さて、週足の動きを日足レベルにブレイクダウンして確認します。

三角の下限を窓を開けて抜いた後、日本の大陽線をつけて、三角の内部まで持ち返してきたことがわかります。
最後のローソク足は200MA(水色ライン)にヒゲでタッチして終了しています。

<今後のシナリオ>
下落目線で固定します。
もっとも強い根拠は
・長期に渡ってのサポートラインであった三角下限を窓をつけて下抜いたこと
です。
その他にも、
・過去にサポートとして働いてきた黄色の帯に200MAが重なってきていること、及び黄色の帯が一転してレジスタンスとして機能する可能性が高いこと(200MAへの上ヒゲタッチからも、200MA付近での上値が非常に重たく見えます)

よって狙うトレードはショートであり、エントリーは200MAと黄色の帯が重なる部分を背にしたショートエントリーを考えています。
■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場の展望を解説

TradingviewでFollowすると投稿の度に通知が届きます。ぜひフォローしてください
https://tradingview.go2cloud.org/SH4IA

FX365_Thaiand

■ブログ
https://bit.ly/2VPAMJk

■Twitter
エントリータイミング随時公開
https://twitter.com/thaikabu365

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト