trademeister10

👑トレードアイデア USDJPYドル円は当初のターゲットにほぼほぼ到達

ショート
trademeister10 Premium アップデート済   
FX:USDJPY   米ドル/円
USDJPYドル円は、政府、日銀の連続的なアナウンスにより下落が加速しました。
とはいえ当初の予定通り。

長く続いた上昇に対する戻り(の下落)がターゲット130.00円にほぼ到達しています。もう少しありますが。
そこから更に下落するかどうかですが、ドル円の上昇のきっかけとなった原因が解消されたかどうかを注視しましょう。

TVC:US01 米1年国債がまだ高止まりしており、一切下落してきておりません。
まだ短期国債の需要が収まっていないということですので、

CSクレディ・スイスの株価も最安値更新し続けていますので、デリバティブ破綻処理に伴う巨額の担保不足はまだ続いていると見るべきでしょう。
担保不足を解消するための、米短期国債需要。それに伴う世界的な米ドル不足。その資金借り入れ需要を満たすための円建ての貸出(ばらまき、緩和)といった連鎖が、完全には終わっていないと見ています。

日銀が実質的な利上げに踏み切ったと、SNSで色めきだっていますが、
緩和政策をやめたわけではありませんし、やるとしても来年4月の日銀総裁の交代後です。

戦略は売り方向ですが、戦術は短期デイトレード売り、130円ではカウンタートレンド戦術の買いといった短期的な戦術を繰り返すことになりそうです。
年末にかけて何らかの理由で日経が暴落することがあればドル円も釣られて急落することはあるかもしれませんが、あくまでもそれはメインのプランではなくプランBです。
トレード中:
同じ環境が続いております。

ご提案です。あなたの給料をオンライン・トレーディングの収益に置き換えてみませんか?トレードは96%が技術です。
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。