kowatasan

移動平均線の見方(サポレジ)(トレンド方向)

教育
kowatasan アップデート済   
OANDA:XAUUSD   金/米ドル
移動平均線の見方にはいろいろありますが、サポート・レジスタンスとして意識すると取引に使えます。

サポート・レジスタンス(支持・抵抗)といえば、水平線やトレンドラインを思い浮かべる人が多いと思いますが、移動平均線はそれらを自動表示してくれる優れものです。

チャートに示している移動平均線は、24時間、1週間、1ヶ月間などのメジジャーな期間の移動平均線で、私はこれらを時間足を切り替えても表示できる設定を行い、使っています。

これらに価格が影響され、チャートが作られているのは明らかで、驚きの感応度を示します。

多くのトレーダーが見たいと思うであろう、これらのメジャーな期間の移動平均線はサポレジとして機能します。直近のゴールドは紫の24時間線にレジスタンスされ、上昇して到達するたびに売り叩かれてきましたが、昨夜から今日にかけて、上抜け、サポートされ相場付きが変わってきました。

本日の日中は、強い上昇を維持し、レジスタンスに意識される1週間線を一気に超え、現在1ヶ月線にレジスタンスされています。

日足で見ると、昨日長い下ひげ付きの陽線をつけており、転換の可能性がありますが、24時間線、1週間線、1ヶ月線の並びは下げの形のままで、価格だけが先行して上昇している状況です。

このような場合、転換に失敗する時は、上に覆い被さっている、より長期の移動平均線に戻り売られ、格好の売り場になった、という結果になります。

目下の動きは転換にも感じられますが、そのようなケースも想定しないと、損失を出してしまうので、ロングするなら24時間線超えの後、サポートされたタイミングで入る必要があります。

その地点からであれば、仮に1ヶ月線で上げどまったとしてもプラスで逃げることができます。

下げトレンドの時期に、紫24時間線がレジスタンスに効いている移動平均線であることに気が付くことができれば、この移動平均線を根拠に売りを仕掛けて利益を出せるとともに、

サポレジ転換の動きから目先上昇していくと捉えショートを手仕舞い、ロング目線に切り替えて買っていけば、まだ転換かは確信がないが少なくともリバウンドはあるだろうという場面でうまくポジションを持つことができます。

結果的に転換になった場合は、スイングポジションとしてキープできるため、大きな利益を狙うことが可能ですね。

※各期間の移動平均線は、EMA、SAM2本を表示し、同じ期間同士のMAの間に着色するオリジナルインジケーターを表示しています。
コメント:
コメント:

1人で悩まず、LINE公式登録
(インジ他無料プレゼント増量)
line.me/ti/p/@211ywenv
ユーチューバー対談
www.youtube.com/playlist?list=PL2sT2s7dIWWVYNuPLepsNNRRVCjQCqPUV
無料で学べるトレーダーズクラブ
liz-asset-design.com/
TicTokで時短動画配信中
www.tiktok.com/@akihikokowata