FX365_Thailand

仮想通貨の冬はどれほど長いのか?

BITSTAMP:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
前回の米国株のベアマーケットについての投稿が好評をいただいたので、今回は仮想通貨に焦点を当ててみたいと思います。


【米国株】過去の弱気相場(ベアマーケット)を見てみよう



仮想通貨の冬入りが騒がれていますね。
この投稿では、過去の仮想通貨の”冬”ではどの程度の期間停滞が続いたのか、ビットコインを例に振り返ってみたいと思います。


過去の下落率から60%以上の下落を冬と定義

ビットコインの長期チャート(週足)
チャートはビットコインの長期週足チャート(2011~, ログスケール)に直近高値からの下落率(赤)を表示したものです。




直近の最高値から2ヶ月以上に渡って60%以上の下落した時期を仮想通貨の冬とすると、2010年に最初のビットコインの商取引が成立して以来、現在まで冬は3回あります。(青のバンド)

①2013年4月から2013年7月まで(84日)
②2013年11月から2015年1月まで(413日)
③2017年12月から2018年12月まで(364日) =>仮想通貨バブル崩壊

※コロナショックでの下落は60日を経ずに回復したため除外

歴史が浅いため冬入りした回数も少ないですが、2回の大きな冬はいずれも1年以上続いています。①と②は時期が近いこともありまとめて見るならば全てが1年以上と言うこともできます。


ビットコインの現在の状況

ビットコインは2021年11月につけた最高値から現在まで62パーセントの下落を見せており、190日以上に渡って下落が続いています。上の定義に従えばすでに冬入りと言えます。
5月上旬のステーブルコイン事件以来、ここ数週間はガラスの天井でもあるかのように上値の重い展開が続いており、冴えない状況です。



以前の投稿では、ビットコインは過去10数年間に渡り、2-3年かけて上昇した後80%規模の下落が起きていることをお伝えしました。

これからまだまだ続く冬の可能性に備え始めても良いのかもしれません。


【ビットコイン】大幅調整期は来るのか?過去10年の動きから見る上昇と調整のサイクル

コメント: 最初の見出しの訂正です。
誤: 過去の下落率から60%以上の下落を冬と定義
正: 直近の最高値から60%以上の下落を冬と定義

■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■Editor's Pick
https://bit.ly/3pkLCEl

■Blog
https://bit.ly/2VPAMJk

■Indicator
http://bit.ly/3lmWYFk

■Membership
https://bit.ly/3zvLkPG
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。