AKUBI_FACTORY
ロング

なかなか折り返さない。でも、折り返すのです。

BITFINEX:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
なかなか折り返さない。でも、折り返すのです。

今、重要なポイントにいます。
ちょうど6時間足ですが、雲の下でぎりぎり止めています。


いくつかのシナリオとして考えられるのは、

1)あと2時間半後。6時間足が終わり、実体が雲を確実に突き抜けるようであれば、中期目線をショートに切り替える必要があります。軽く戻す必要がありますが、ショート重視です。その答えは、過去をさかのぼって雲とローソク足の関係を見ていただければ一目瞭然です。BTCUSDの6時間足と雲の関係は非常に重要なのです。

2) 統計学的な平均回帰から言えば、かなりオーバーラインしています(ピンクの帯)ので、多少なりとも戻すか、ヨコヨコで待たなくてはいけない状況です。

3)フィボナッチの0.5~7040$の間に到達する(下段のピンクの四角)。これも十分考えられます。アークのレジスタンスと重なります。念のためAB=CDを引いてみましたが、0.5がしっくりきます。もちろん、ここまで下がってしまうのは、平均回帰ラインの原則からいくと、多少無理があります。しかし、0.5のラインと7040$のラインは重要なサポートゾーンです。

4)さらに下の0.618まで戻す。短期的に実現するのは相当難しいでしょう。数日はかかるのではないでしょうか。

4つ候補を挙げてみました。いい加減折り返します。大なり小なりはっきりと戻します。ずっと下がり続けるということはないからです。ただ、雲を割るか割らないかは、中期的に見て重要な出来事になります。

未来を予測することはできませんが、このように交通標識がいくつかあると、相場道中の危険を回避しやすく、チャンスに乗りやすくなります。
コメント: やはり雲が意識されています。6時間足は雲で一旦支えられました。次の6時間足はどうなるでしょうか。引き続き注視です。

コメント: いや、失礼しました。完全に出てます。画面の色の問題でした。
コメント: 6時間足では不運にも
雲のサポートをオーバランしましたが

8時間足では死守できましたが、まだ油断を許さない状態です。

コメント: 45分足で拡大してみました。



45分足ではモミモミしていますが、上方の雲の薄いところが長くなっており、抜け出すチャンスです。このチャンスを逃すと、結構強い下方スパイクも想定できます。

BTCにとっては、この数ヶ月の行方を決めるような大事な局面だと思います。
コメント: 想定していた下方スパイクが来ました。シナリオ3),4) で極めて4)に近くなってきました。ここで反転しなければ、4)のシナリオまで否定して0.618を超える可能性も出てきました。
トレード終了:ストップロスに到達: ハーモニクスも疑問に思うタイプです。
トレーディングビューを使いこなす。
チャート分析のキホンのキから知りたい。
アクビ式チャート教室第1期まもなく募集開始
https://www.akubi.co.uk/welcome
想定していた下方スパイクが来ました。シナリオ3),4) で極めて4)に近くなってきました。ここで反転しなければ、4)のシナリオまで否定して0.618を超える可能性も出てきました。
返信
6時間足では不運にも
雲のサポートをオーバランしましたが

8時間足では死守できました。


45分足で拡大してみました。


45分足ではモミモミしていますが、上方の雲の薄いところが長くなっており、抜け出すチャンスです。このチャンスを逃すと、結構強い下方スパイクも想定できます。

BTCにとっては、この数ヶ月の行方を決めるような大事な局面だと思います。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト