FX-HUB

ドル円無双状態、114円も悠々越えて115円、120円も視野に入ってきた

OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
一旦週末でどの程度来週落ち着きをとりもどすか? 見極める展開となりそうです。

日銀は、27―28日の金融政策決定会合で、2021年度の成長率と物価見通しをともに引き下げる方向で検討する見通しです。

複数の関係筋によると、部品の供給制約で生産・輸出が大きく落ち込むとみられ、成長率の押し下げ要因になる。

物価は総務省の基準改定で携帯電話料金のウエートが大きくなったことが要因とのことですが、料金下げたために
DOCOMOの電波が不安定などと言ったことはないでしょう、、、

これは、太陽フレアが地球に到達したことによる障害がでている可能性もあります。


東南アジアでの新型コロナウイルス感染急拡大で自動車部品工場の稼働が止まり、
国内の自動車メーカーは大幅な減産を強いられ、部品の供給制約が長引く中、生産・輸出が大幅に落ちこむとへの懸念が日銀では出ていることによる
円安だと思いますが、どこまで進むのか? 

序章ということになれば120円越えなんて声も聞こえてきそうです。

続きは動画にて