Nekko

【GBPUSD|ポンド米ドル】日足 保ち合いを上方ブレイクするかを注視したい

ロング
OANDA:GBPUSD   ポンド/米ドル
GBPUSDは週足でわかるように
2018年4月に高値をつけた後、下落しています。
2020年3月にコロナショックの際に最安値をつけた後は上昇トレンドへ。

直近の相場では
2021年2月24日に高値をうかがうも、上ヒゲ長く反落。

その後再び上昇し
2021年6月1日に2月24日高値を少しだけ更新するも下落。
現在はオレンジ色で示したボックスに収まる保ち合いとなっています。

水平線からの分析
過去の高値をみると
週足の青の水平線R1(1.43770)は2018年以来付けていない値なので重要な高値と言えます。

かつ、R1を上抜くとダブルボトム完成となり、再び上昇トレンドが継続するものと考えられます。

まとめ
現時点では保ち合い中なので上へいくか、下へいくかは分かりません。
3年振りの高値ということで当時の玉(しこり)は残っていないでしょうが、抜けると一気に上昇トレンド加速となりかねないため、売り買い拮抗しそうな局面ではあります。

そのため、日足レベルでトレードする場合にはR1を抜けたタイミングでロングエントリー、
もしくはR1を抜けた後リターンムーブ(プルバック)も考えられるため、それからの反発を待ってからロングエントリーもいいかもしれませんね。
ブログ: https://all-directions123.com/

2018年から開催している投資教育コミュニティ(FXをメインで扱います)の募集を、6月下旬から人数限定で公式LINEから行います。
興味のある方はよかったらどうぞ。
公式LINE: https://lin.ee/pWe0t27


(注)
銘柄、通貨ペアの推奨は行っていません。あくまでも投資は自己責任でお願いします。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター