masao_shindo

一目均衡表 ~何を見ている指標かを理解する~

教育
TSE:TOPIX   TSE FIRST SECTION ISSUES
TOPIX 日足 

一目均衡表の基本的なことは、下記のリンクサイトをご覧ください。
今回は一目均衡表を見ると事で、何が分かるか、何を見ているかをチェックしていきましょう。

一目均衡表は短期、中期、長期の半値線を見ています。
ですから、それぞれの半値線が一方通行で推移しているのであればトレンドがあります。
それぞれの線がごちゃごちゃしていればトレンドが無いということが分かります。

このような目線で一目均衡表を見てみましょう。
すると、9月あたりから、転換線と基準線が一度も交差することなく上昇していますね。
つまり、上昇トレンドが継続しているというのが分かります。
この転換線と基準線の動きに注意していれば、変化の兆しを感じることができるということです。

個人投資家の方で多いのは、様々なインジケーターやチャート分析において、売買サインを知りたいという方が多いですよね。

勿論、売買サインが分からなければ、どこで仕掛けるかが見えにくくなります。
でも、大事なことは売買サインではなくて、それぞれのチャート分析が何を見ているものなのか。
何を見てその変化が何を示している分析なのかを理解することの方がもっと重要なのです。

一目均衡表といえば「三役好転」「三役逆転」かもしれませんが、大事なことはそこではありません。
天気予報でいえば、明日「雨」とか「晴れ」だけでなく、なぜそうなるのかを知ることがトレードにおいては大事ですね。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト