kokiando

【ドル円】ドル円はレンジ相場継続か。109.800付近に買い指値。EURCADが隠れた注目通貨ペア!分析してみた

ロング
SAXO:USDJPY   米ドル/円
皆様、おはようございます。

朝から雨が降っていて、どんよりとした天気になっています。体調管理に注意して今日もトレードを頑張りましょう。

さて、まずは水曜日(2021年8月31日)のドル円相場の振り返りから。

昨日のトレード方針は109.830付近の押し目買い、110.350付近での利益確定をイメージしていました。朝から全く下がらず、ロンドン市場では110.420付近まで上昇。私はココで指値をキャンセルしました。しかし、その後のADP雇用統計の結果が振るわず、109.880まで急落。110.005で終値を迎えています。

久しぶりにボラティリティが上昇したドル円相場でした。ただ、主戦場は2021年9月3日金曜日の政府発表の米国雇用統計です。本日は様子見ムードが再び広がりそうです。

米株の動きも確認します。

米国の株式市場は、ADP雇用統計が発表されたあと、上昇分を打ち消すような下落となりました。少し前まで最高値更新を連続していたのですが、だんだん不安定な動きになってきましたね。

では、ドル円のサポート/レジスタンスラインを確認してみます。


本日の予想レンジ: 109.500~110.420
レジスタンスライン: 110.200,110.420
サポートライン:109.500,109.730

ドル円は、レンジ相場が継続していますが、昨日に上方向へのブレイクアウトにトライしました。結果的には下落となりましたが、上昇傾向が続いていると判断できます。ただ、どちらかというと展開が読みにくいのは確かです。

ドル円相場が動くのは金曜日の雇用統計発表後になりそうなので、本日は別の通貨ペアでのトレード計画を立ててみたいと思います。

月初の相場は、米国雇用統計が終わるまでは、方向感が読めない場合が結構あります。そんな時は超短期のデイトレードを意識して、どの通貨ペアが、ボラティリティが出やすいのかに注目すると、利益を確保しやすくなります。

では、本日のトレード計画です。

私のトレード計画(EUR/CAD)
新規指値エントリー価格・・・1.49350
損切りライン・・・1.49050(-30ips)
利益確定ライン1(アクティブ決済)・・・1.50050(65Pips)
利益確定ライン2(全決済)・・・1.50260(91Pips)

本日はEUR/CADという通貨ペアを狙います。チャート分析をしてみると、レンジ上限をブレイクアウト&レンジ上限が抵抗線として機能していることが理解できますね。9月2日はEUR/CADに注目です。

また、目立ったサポート・レジスタンスラインがほとんどないので、スムーズに上昇を続けるのではないかと予想しています。240MAもサポートとして機能しており、上昇の傾きになっています。

EUR/CADはメジャー通貨ペアではありませんが、ボラティリティが高くなりやすく利益も確保しやすいです。ドルストレート通貨全般は、明日の雇用統計待ちなので、クロス通貨ペアでトレードします。

利益目標はラウンドナンバーに該当する1.5000付近です。意識されやすい価格なので、早めに決済するようにしてください。

レンジ内に戻ってしまったら、一度ポジションを決済し、様子見する方針です。

では、本日も1日よろしくお願い申し上げます。


トレード終了:ストップロスに到達: ユーロカナダドル 1.49050でストップ到達しました。レンジブレイク失敗です。

一度反落した後、上昇して含み益が少し出ていたのですが。。。

悔しいですが、こういうときもあります。