AKUBI_FACTORY

C-Fork(チュヴァショーフのフォーク)から得られた新しい学び 001

教育
OANDA:USDJPY   米ドル/円
751 views
6
今回は USDJPY で非常に大きな学びがあったので、ご紹介したいと思います。

これはC-Forkの実験です。

まず最初にC-Forkはショートを指しました。


ところが、ショートに向かう途中、もう一つのロングを指すC-Forkが生まれました。


つまり、上下に二つのC-Forkが現れたのです。


非常に珍しいケースと思いましたが、
ヨコヨコに転じると右サイドに関する解釈が難しいため、
上下に二つのC-Forkが現れやすいのかもしれません。

それで、最初に登場したC-Forkが機能するか、
後から出てきたC-Forkが機能するかという問題が生じます。

答えは、冒頭のチャートのようになりました。

つまり、こうです。


最初のショートのC-Forkが成立したのち、
後から出てきたロングのC-Forkへ向かうというものです。

レンジ相場でも利ザヤが非常に取りやすい展開ではないでしょうか。

C-Forkは、チャートの中で決まり出すと9割型決まります。
一方、否定されると、ほとんどが否定されるという面白いツールです。

今回の実験結果を踏まえ、さらなるC-Forkの検証に励んでいきたいと思います。

ありがとうございました。
トレード終了: 利益確定目標に到達: これは見事な学びです。
このテクニカルは教室で学べます

絶賛開講中
AKUBI式チャート教室
https://www.akubi.co.uk

3日坊主でも、
3日で学べる、
チャート入門。

1 究極の3つのツール ジグザグ 水平線 トレンドライン
2 移動平均線と雲の意味を知ってつかむ相場の流れ
3 今は天井か調整か、チャートはパターン化されている
4 相場のリズムを見抜く エリオットとダウ理論の入口
5 天井と底を予測する 誰も教えてくれないフィボナッチ
6 上達するために今日からできる実践的トレーニング法

コメント

Cフォーク学ぼうとググったら結果ここにたどり着きましたw流石師匠。
+1 返信
このCフォークは上は正しいCフォークで、下は間違ったCフォークですね。まだ、この頃は研究中で理解が足りません。失礼いたしました。
返信