AKUBI_FACTORY

チュヴァショーフのフォークの実験 003

ロング
OANDA:USDJPY   米ドル/円
チュヴァショーフのフォークの実験 002 では、
思わぬアクシデントに見舞われ、一旦利確ということにしました。

これは、C-Forkがロングとショートの両方向を指すという珍しい現象でした。

これをどのように解釈すれば良いか。一つのアイデアとして、違う時間軸で検証するという方法です。

1日足の3分の1である8時間足で検証してみたところ、
ロングにのみC-Forkパターンが現れようとしています。

というわけで、今回、それが実現するかを見守りたいと思います。
水平線は利確ポイントです。
コメント: 大変興味深い学びが得られました。
C-Forkが両方向に現れた場合、現れた順に成立するということです。

結果はこうなりました。



C-Forkが同一線上に生まれた場合、
まず先に登場した赤いラインの線を割り、すぐにターン。
その後、次に登場した青いラインの線にタッチしに行きました。

つまり、両方成立したというわけです。

チュヴァショーフのフォークは、奥が深いですね。
コメント: そして、こうなったのです。

トレード終了: 利益確定目標に到達
このテクニカルは教室で学べます

絶賛開講中
AKUBI式チャート教室
https://www.akubi.co.uk

3日坊主でも、
3日で学べる、
チャート入門。

1 究極の3つのツール ジグザグ 水平線 トレンドライン
2 移動平均線と雲の意味を知ってつかむ相場の流れ
3 今は天井か調整か、チャートはパターン化されている
4 相場のリズムを見抜く エリオットとダウ理論の入口
5 天井と底を予測する 誰も教えてくれないフィボナッチ
6 上達するために今日からできる実践的トレーニング法

コメント