ringoinvestrade

【1/27ドル円ロング+71pips】検証済みフィボナッチトレードでルール通りのトレード

ロング
OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY

【トレード結果】

【はじめに】
過去(2020年、2019年)に検証した手法の条件にあったのでエントリー。
損切りはありませんでした。
上位足や下位足は考慮せず、ファンダメンタルズも考慮してはいません。
●2020年
●2019年


【4時間足マイトレード手法】
今回はロング。
①と②の順番はどちらが先でも良い。③は最後にみられることが多い。

①MACDがゴールデンクロス(MACDの設定はデフォルト)
②下降トレンドラインをブレイク 
③4時間足20SMA(赤)を上にブレイク
④戻りをフィボナッチリトレースメント38.2〜61.8%と4時間足20SMAでグランビルの法則で確認。
⑤損切りの指値は前回安値の位置より下。フィボナッチリトレースメント61.8%より下で終値確定やトレンド転換確認したら成行損切り。
⑥ターゲットはフィボナッチエクステンション100%と161.8%をターゲット指値注文
フィボナッチリトレースメント(FR)
フィボナッチエクステンション(FE)

【トレード】
※ルールでは指値で行うが今回は事情により成行で行わなければならなかった。
※今回は別の手法でスイングトレードも行いLotを下げた。
◯環境認識
・MACDのゴールデンクロス確認
・下降トレンドラインを上にブレイク確認。
・4時間足20SMAを上にブレイク確認。
・FR61.8%や4時間足20SMAにサポートされて安値が切り上がることを想定する。

◯エントリー 
①2022/1/25 23:00 113.920円ロング(成行)1Lot


◯ターゲット
①FE161.8% 114.670円 

◯損切り
逆指値 113.430円
終値が前回安値より下で確定した場合損切り。

◯リスクリワード
①1.5

◯ロット
1Lot (レバレッジ1倍)

◯決済
2022/1/27 06:15 114.630円(成行)
+71pips、+7107円


【振り返り】
検証したトレード手法でルール通りに行えた。
指値注文する余裕がなく成行だったが基本は指値で自動的なトレードを目指す。
この手法はトレンドの転換を狙い、レンジ相場では効かない。
直近の高値や安値の位置を狙い、中途半端な位置では狙わない。
MACDのクロス、トレンドラインのブレイク、SMAの反転までいけばほぼトレンドは転換する。
フィボナッチはドル円の押し目買い戻り売りには非常に参考になる。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。