Magellan_EXP

原油は重要なポイントに来ている。変動の大きさには注意。

TVC:USOIL   WTI原油CFD
原油はピークから大きく下げて、現在は3月、4月の安値のレジスタンスラインにほぼ到達しています。
ここから、また反発になるのか?
それともレジスタンスラインを割れて大きく下げるのかに注目しています。

レジスタンスライン割れた場合は、
2月〜3月にかけて1ヶ月くらいもみ合ったゾーンの下限88ドル付近もサポートとして意識されそうです。

トレードは、動いたほうについていくしかありませんが、値動きの大きさには注意が必要です。

最近では、10日間の平均で1日の値幅が6ドルくらいあります。(下段、ATR(10)参照)、
これは現在の価格レートに対して5%〜6%くらいの変動にあたります(平均なので、もっと動いている日もあります)

レバレッジ2倍の低レバレッジ取引きであっても、6ドルのストップ幅で取引きしていたら、
1日で10%〜12%の証拠金が損失する場合があるということです。

レバレッジを抑えて取引きするか、または、小さくストップが入れられるところで取引きをする必要があります。

初の著書
エンタープライズ®トレード・ブック
https://www.eagle-fly.com/fp/efmz/

エン・スパ掲載 週刊SPA! 掲載
https://tinyurl.com/y35agwsq

「イーグルフライ」で解説中です。
https://www.eagle-fly.com/mm/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。