AKUBI_FACTORY

2019年ユーロ円の行方は? ートレンドラインとハーモニックを使った予測例

FX:EURJPY   ユーロ/円
ヨーロッパが何かと慌ただしい今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

EUの波乱について論説によると、
EUは日本と同じ道をたどるのではないかという見方も多い。

また、ユーロで得をしたのは、ドイツとオランダだけで、
他の国は苦虫を噛み潰して来ただの散々な言われようです。

では、チャート分析によるとどのように見ることができるのでしょうか。
週足レベルでユーロ円を見たときにチャーティストがまず見る視点としては、

  • 「あ、ハーモニック・ガートレーを作りに行ってるな」
    「トレンドライン一回割って、もう一度試しに行くな」

という2点です。
わたしは需給派ではないので、
オシレーターはこの際見ないことにしましょう。

現況としては、まず

現在はトレンドラインの攻防(緑のライン)
次にレジサポラインの攻防(赤の点線)
この2点が123円付近で攻防が激しくなるだろうということ。

次に、ガートレーを作りに行くのであれば、ピンクのラインが意識されていくことになります。
ただし、緑のトレンドラインを実線で割るというのが重要なポイントになります。
それほど、今は重要なポイントにいるということです。

ただ、トレンドラインを割ったあとはというと、
ガートレーパターンに従えば、2020年中盤までには、107円付近まで行くことになります。

そして、この107円を割ってしまうと赤いゾーンが意識されます。
いずれにせよ、このゾーンが反発ポイントになると予測されます。

ですから、今後の戦略をどう建てるにせよ、まずは「トレンドラインに注目すべき」なのです。

FX:EURJPY
このテクニカルは教室で学べます

絶賛開講中
AKUBI式チャート教室
https://www.akubi.co.uk

3日坊主でも、
3日で学べる、
チャート入門。

1 究極の3つのツール ジグザグ 水平線 トレンドライン
2 移動平均線と雲の意味を知ってつかむ相場の流れ
3 今は天井か調整か、チャートはパターン化されている
4 相場のリズムを見抜く エリオットとダウ理論の入口
5 天井と底を予測する 誰も教えてくれないフィボナッチ
6 上達するために今日からできる実践的トレーニング法

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター