yoshinakkuru

暗号資産Solana SOLが時価総額9位に アルトコインでも200日移動平均線SMAがサポートラインとして効く RCI分析

BINANCE:SOLUSD   ソラナ/米ドル
仮想通貨(暗号資産)時価総額ランキング

1位 BTC
2位 ETH
3位 ADA
4位 BNB
5位 USDT
6位 XRP
7位 DOGE
8位 USDC
9位 SOL
10位 DOT

11位 UNI
12位 LUNA
13位 BUSD
14位 BCH
15位 LTC
16位 LINK
17位 ICP
18位 WBTC
19位 MATIC
20位 XLM

21位 XLM
22位 AVAX
23位 VET
24位 FIL
25位 THETA
26位 TRX
27位 DAI
28位 CAKE
29位 XMR
30位 AAVE

31位 EOS
32位 FTT
33位 AXS
34位 ATOM
35位 GRT
36位 XTZ
37位 KLAY
38位 CRO
39位 NEO
40位 BTCB

41位 MKR
42位 ALGO
43位 BSV
44位 SHIB
45位 LEO
46位 MIOTA
47位 BTT
48位 EGLD
49位 WAVES
50位 KSM

世界時価総額ランキング上位50位を知っていますでしょうか?

平成元年、1989年では日本企業が32社ランクイン、アメリカが17社、イギリスが1社でした 日本が一番多かったのです

平成31年の2019年では日本企業が1社、トヨタ自動車のみランクインです 日本は1社、残り49社は海外です
アメリカが31社、中国が7社、スイスが3社
ベルギー、韓国、台湾、メキシコ、フランス、ドイツ、オランダ、イギリスが1社

仮想通貨時価総額ランキングも数年後にはかなり入れ替わるでしょう
2017年、2018年、2019年、2020年、2021年… 
たった1年で流行が変わるものです

ITバブル、ドットコムバブルでは起業支援でベンチャー企業設立ブームが起こりました
バブル後に現在でも生き残っているのは一部のみです 代表的なのはもちろんGoogle、Amazon、Facebook、Apple、MicrosoftといったGAFA,GAFAMです
今ではFAANGですが(Facebook (FB)、Amazon (AMZN)、Apple (AAPL)、Netflix (NFLX)、Alphabet (GOOG) )
アルトコインも数年後には流行り廃りが出てきますので(バブル崩壊)投資の際はご注意ください

画像はSOLUSD 仮想通貨取引所Binanceの1日足チャート


コインチェック銘柄以外が時価総額上位に入っているので
日本の仮想通貨取引所しか使っていない方には見慣れない銘柄がたくさんありますね

日本の仮想通貨取引所と海外仮想通貨取引所では送金拒否されることがあるので気をつけましょう

投資家保護制度のある国内サービスをおすすめします

アルトコインでも200日移動平均線SMAがサポートラインとして効くことが多いです

Solana (SOL)は2020年3月に正式ローンチされたばかりですがもう時価総額10位以内に食い込むとは驚きです
PoH(プルーフ・オブ・ヒストリー)で毎秒5万のトランザクションを処理できるそうでリップル(XRP)の1500件を上回っています

クレジットカード決済のVISAカードは毎秒最大6万5000件も処理できるそうです

ちなみにですがイーサリアムは毎秒100万トランザクションを目指しているようです

暗号資産、仮想通貨Solana SOLのチャートを見てみると
RCIインジケーター緑点灯で押し目買い(逆張り買い)できますね(赤点灯:逆張り売り) RCIの波もリズムが良いです

20日移動平均線(21日移動平均線 25日移動平均線)、30日移動平均線、50日移動平均線、
100日移動平均線SMA/100日線EMA、200日移動平均線SMA/200日線EMAをそれぞれ表示しています

100日線や200日線は特に長期サポートラインとして意識されやすいです