解説

インドの株式市場は、それぞれ時価総額1.83兆ドルと1.41兆ドルの世界第11位と第12位の取引所であるボンベイ証券取引所(BSE)とインド国立証券取引所(NSE)によって占められています。ウォールストリートのように、ダラルストリートにあるボンベイ証券取引所は決して眠りません。NSEの主要インデックスであるNIFTY 50は、インドや世界中の投資家に、インド資本市場のバロメーターとして幅広く使用されています。

BSEとNSEはそれぞれ共に、1日に800万件の注文を処理する能力のあるBOLT(BSE On Line Trading)と呼ばれるスクリーンベースの(電子)取引システムと、全自動化された電子取引システムであるNEAT(National Exchange for Automated Trading(全自動取引化国立取引所))にシフトしました。これらの取引所には、コンテナ・ストア・グループ、HDFC銀行、インフォシス、タタ・モーターズ、アジアン・ペインツ、パンジャブ国立銀行など盛んに取引されている銘柄が所属しています。TradingViewには、トレーダーが最良のインド株を発見し購入するのに役立つ約6,000のティッカーデータと多くのツールがあります。

ニュース

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト