CBOE VOLATILITY INDEX (VIX) FUTURESCBOE VOLATILITY INDEX (VIX) FUTURESCBOE VOLATILITY INDEX (VIX) FUTURES

CBOE VOLATILITY INDEX (VIX) FUTURES

トレードなし
スーパーチャートで確認

CBOE VOLATILITY INDEX (VIX) FUTURESのテクニカル分析

このメーターは、選択した時間足のリアルタイムのテクニカル分析の概要を表示します。移動平均、オシレーター、ピボットといった人気の高いテクニカル指標に基づいて、 CBOE VOLATILITY INDEX (VIX) FUTURESのサマリーが表示されます。 詳細を確認
オシレーター
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
売り0
中立0
買い0
サマリー
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
売り0
中立0
買い0
移動平均
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
売り0
中立0
買い0
名前アクション
RSI: 相対力指数 (14)
ストキャスティクス %K (14, 3, 3)
CCI: 商品チャネル指数 (20)
ADX: 平均方向性指数 (14)
AO (オーサム・オシレーター)
MOM: モメンタム (10)
MACDレベル (12, 26)
ストキャスRSIファスト (3, 3, 14, 14)
WPR: ウィリアムズ%R (14)
BBP (ブルベアパワー)
UO: アルティメット・オシレーター (7, 14, 28)
名前アクション
EMA: 指数移動平均線 (10)
SMA: 単純移動平均線 (10)
EMA: 指数移動平均線 (20)
SMA: 単純移動平均線 (20)
EMA: 指数移動平均線 (30)
SMA: 単純移動平均線 (30)
EMA: 指数移動平均線 (50)
SMA: 単純移動平均線 (50)
EMA: 指数移動平均線 (100)
SMA: 単純移動平均線 (100)
EMA: 指数移動平均線 (200)
SMA: 単純移動平均線 (200)
一目均衡表基準線 (9, 26, 52, 26)
VWMA: 出来高加重移動平均線 (20)
HMA: ハル移動平均線 (9)
ピボットクラシックフィボナッチカマリラウッディDM
S3
S2
S1
P
R1
R2
R3
注意事項

よくあるご質問

テクニカルレーティングはテクニカル指標の評価を複数組み合わせたテクニカル分析ツールで、トレーダーや投資家にとって収益性の高い取引を見つけやすくするものです。
VX1!の価格に影響しそうなものをすべて把握しておくためにも、テクニカル分析に加えて、できるかぎり多くの情報を利用するのが常にベストです。関連ニュースにも注目しましょう。
ピボットとは価格の推移が今の方向で継続するか、あるいは反転するかを予想するポイントとして重要な価格水準です。
テクニカルレーティングの構築に使われるインジケーターはいくつかあり、たとえば、一目均衡表MACDなどが挙げられます。詳細については「テクニカルレーティング」についての記事をご覧ください。
テクニカルレーティングによると、本日のVX1!は買いです。 市況はいつでも変わることに注意しましょう。他の要因も考慮に入れることが不可欠です。 テクニカルレーティングだけでなく、VX1!のチャートも忘れずにしっかり見ておきましょう。
オシレーターは最大値と最小値を2つの極とするバンドを作り、その間で変動する値によってトレンドの指標が構築されるテクニカル分析ツールです。資産の売られ過ぎや買われ過ぎを確認するために使用されます。
VX1!について、買い/中立/売りの傾向を示すオシレーターがいくつあるかをカウントしています。 — 総合評価は中立です。
移動平均は価格をベースとする遅行性 (または反応的) の指標で、資産の一定期間の平均価格を示すものです。モメンタムを測るだけでなく、トレンドを確認したり、サポートとレジスタンスのエリアを定めるのにも良い方法です。
VX1!について、買い/中立/売りの傾向を示す移動平均線がいくつあるかをカウントしています。 — 総合評価は強い買いです。
テクニカル分析自体は個々の指標が一定の条件を満たしたことを示すだけですが、自分の戦略にマッチしたものであればトレードを有利に進める条件を見つけるのに役立つこともあります。ただし、これらの評価だけを頼りに意思決定を行うのではなく、他の情報も活用しつつその資産の良さについての全体像を捉えるようにしましょう。 関連アイデアで他の人の考えを読んでみましょう。
VX1!のような先物は、NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)やCBOT(シカゴ商品取引所)などの先物取引所で取引されています。取引所のフロアでは、先物の契約ごとに指定された「ピット」という区切られた場所で取引が行われています。しかし、個人投資家や一般のトレーダー向けにブローカーを通じた電子的な取引も利用できるようになっています。TradingViewのチャートから直接トレードすることも可能です ― ブローカーを選択して、ご自身のブローカー口座に接続するだけです。