閲覧

WTI CRUDE OIL

TVC:​USOIL
 
     
 
     
 
開く
 
出来高
 
1日の値幅
  -  
1株あたりの純利益
 
時価総額
 
株価収益
 
本日人気のある
本日人気のある
いつも人気がある
最も新しい

USOIL チャート

 

Crude Oil WTI

原油は、地下に埋もれた植物や動物が極度の熱と圧力にさらされることによって生じる化石燃料の液体です。原油は最も必要とされる資源で、価格は近年いちじるしく上昇しています。
2つの主要な原油価格の基準は米国のWTI (ウエスト・テキサス・インターミディエート)と英国のブレント原油となります。WTI原油とブレント原油の違いは価格だけではなく原油の種類へも及び、WTI原油はその密度と硫黄の含有量に違いがあります。原油の需要は世界経済の状況と市場の予測により変化します。原油価格は米ドルで計測されます。米ドルではない通貨でこれを行うという議論もあるものの、具体的な展開には発展しておりません。

関連銘柄

UKOIL
原油(Brent)
 
   
CL1!
軽質スイート原油(WTI)先物(CL)
 
   
USDWTI
WTI CRUDE OIL / US DOLLAR
 
   
WTICOUSD
West Texas Oil
 
   
USDBRO
BRENT CRUDE OIL / US DOLLAR
 
   
BCOUSD
Brent Crude Oil
 
   

ニュース

maruka maruka PRO USOIL, 60, ショート
USOIL: ボックス圏抜け
49 0 2
USOIL, 60 ショート
ボックス圏抜け

ボックス圏をし下抜けし、日足20EMAも割ったのでもう少し下がるとは思いますが、 下に控えているトレンドラインが気になるので47ドル割れを目安にストップ浅めで少額エントリー。

maruka maruka PRO USOIL, 60, ロング
USOIL: ブレイク狙い
44 0 0
USOIL, 60 ロング
ブレイク狙い

指標通過後の勢いに乗じた1ドル強の真空地帯狙い。ストップは浅めです。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, D, ロング
USOIL: WTI原油 78.6%のリズムで推移か
79 0 2
USOIL, D ロング
WTI原油 78.6%のリズムで推移か

55ドル付近で頭を抑えられて以降、上値を切り下げる形で、上下しているWTI原油は前回の上昇78.6%戻しで売り一服といった状況になっています。 ここ最近、上下の波は78.6%付近で切り替えしている事が確認できるかと思いますが、同じリズムで推移するとなると、下落の78.6%戻し程度までの上昇は見込める可能性があります。 上昇の角度にもよるでしょうが、下落トレンドラインとも近い位置となっています。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, D, ロング
USOIL: WTI原油 下落78.6%戻し到達
67 0 2
USOIL, D ロング
WTI原油 下落78.6%戻し到達

警戒ゾーンで多少揉み合い、上抜ける形となっているWTI原油は下落の78.6%戻しまで到達となりました。 この付近からゾーン辺りまで押しを挟んで上昇となると、比較的綺麗な形なのかもしれません。 基本的には買い方針のままなので売るつもりはなく、押しを控えめに買いで対応のつもりです。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, D,
USOIL: WTI原油 下落50%戻し付近まで上昇 一時警戒ゾーン入り
47 0 4
USOIL, D
WTI原油 下落50%戻し付近まで上昇 一時警戒ゾーン入り

前回投稿した78.6%付近到達後は急反発となっていたWTI原油は下落50%戻し付近まで上昇となっています。 この50%戻し付近から61.8%戻し付近までのゾーンの凡そ49-50ドル付近は、戻り売り圧力が強くなる可能性も強く、一旦警戒を強めても良いかもしれません。

shingo_y shingo_y PRO USOIL, D, 教育
USOIL: ターニングポイント
126 0 5
USOIL, D 教育
ターニングポイント

白枠は、それぞれ材料が揃った場所。 底は固いが頭も重い、ひとまず5/25までは口先介入で跳ねる動きになる。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, D,
USOIL: WTI原油 ダブルトップターゲット到達
52 0 2
USOIL, D
WTI原油 ダブルトップターゲット到達

下落前の高値まで到達後、弱含みとなっていたWTI原油は続落し、前回サポートされた水準も割り込んでいます。 現在はダブルトップからのターゲットも突破し、ダブルトップまでの上昇78.6%戻し付近まで下落となっています。 チャートとしては非常に悪い形となりますが、78.6%付近では一度拾ってみても良いかと考えています。

FXtradenote FXtradenote PRO USOIL, 240,
USOIL: 原油・4hBM、ジェイウォーク
63 0 2
USOIL, 240
原油・4hBM、ジェイウォーク

このところ激しく振れていて、ジェイウォークが目立つ。 3月8日、日足下方ブレイクして、週足下降ジェイウォークが始まる。この直後は週足センターラインを割ったものの途中で反発して来た。が、最終的に4月27日に週足-2σタッチして、週足下降ジェイウォーク完成。 3月28日、4h上方ブレイクして日足上昇ジェイウォークの動き。 4月5日、日足+2σ到達して、日足上昇ジェイウォーク完成。 そのまま日足上方ブレイクして、オーバーシュート。 4月12日にオーバーシュート仮説の予測地点までは届かず、ピークをつける。 4月18日、4h下方ブレイクして、日足下降ジェイウォークの動き。 4月27日、日足-2σ到達して、日足下降ジェイウォーク完成。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, 240, ロング
USOIL: WTI原油 上昇61.8%付近まで下落
33 0 1
USOIL, 240 ロング
WTI原油 上昇61.8%付近まで下落

有事懸念も手伝い一時下落前の高値と同水準の53.7ドル程まで上昇していたWTI原油は緊張の週末であった15日手前をピークに失速し下落となっています。 現在は上昇の61.8%戻し付近で推移しています。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, 240, ロング
USOIL: WTI原油 過去の高値で折返す
36 0 1
USOIL, 240 ロング
WTI原油 過去の高値で折返す

保合いを上抜けて以降、強く推移していたWTI原油は3月8日頃に付けた高値と同水準で折返す形となっています。 丁度急落する前の高値となり、下落分を全て埋めた形となりました。 ほぼ一本調子で上がってきたこともあり、この付近で一度一服となってもよい付近かもしれません。 ポジションはコアになるものを残し、押しに備えるのが良いのではと考えています。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, 240, ロング
USOIL: WTI原油 上抜け後続伸 下落78.6戻し付近へ
52 0 1
USOIL, 240 ロング
WTI原油 上抜け後続伸 下落78.6戻し付近へ

先日にダブルトップターゲット直前の上昇61.8%戻し付近での底硬さと下落ライン上辺を突破した際の上昇を記していましたが、ディセンディング・トライアングル形成ならず上昇となっています。 上辺を突破後は有事の材料も手伝い強く上昇し、下落の78.6%戻しと下落前のサポート付近の位置まで到達しました。 ネックラインもサポレジとして機能して上昇しているところもみられ、比較的綺麗なチャートとなっています。 基本の買い方針はこのまま継続の予定でいますが、レートの高い部分のポジションは部分決済にて対応が良いと考えています。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, 240, ロング
USOIL: WTI原油 何度トライしても抜けない61.8戻しライン
39 0 1
USOIL, 240 ロング
WTI原油 何度トライしても抜けない61.8戻しライン

ダブルトップを形成後下落し、ターゲットマジカまで迫っていたWTI原油ですが、何度も下値をトライしているものの、61.8%戻しラインから下抜ける事ができずに推移しています。 ターゲットまで到達とならずに大きく反発となるシナリオも念頭に対応していくのが良いかと考えています。 基本方針は変わらず買いのままで考えていますが、下落三角型の保合いを作っている可能性も十分あるため、再度の買い出動はこの形を崩してからでも良いと考えています。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, 240, ロング
USOIL: WTI原油 上昇61.8戻し到達
33 0 1
USOIL, 240 ロング
WTI原油 上昇61.8戻し到達

先週の急落後も続落しているWTI原油は上昇の61.8戻しまで到達しました。 ダブルトップターゲットまでもうそろそろというところに迫っています。 この辺りから再度買い出動も一考かと考えています。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, 240, ロング
USOIL: WTI原油 ネックライン割り込みダブルトップ形成
57 0 3
USOIL, 240 ロング
WTI原油 ネックライン割り込みダブルトップ形成

NY時間に急落、約5%の下落となっています。 ここ最近は大きく買いポジションが積まれており、投機の買いに実需の売りと言った状況になっていました。 今回の下落はこの投機ポジションの巻き戻しと考えられますが、コモディティでは特に投げが終わったところは美味しい買い場となることも多く、どの程度ポジションが整理されたのかには注目となるかもしれません。 現在はサポートゾーン内の下限に近い付近に位置しており、フィボナッチリトレースメントの38.2戻し付近となっています。 ネックラインを割り込んでいるため、ダブルトップ形成となり、セオリーでのターゲットは46ドルミドル付近と考えられますが、サポートゾーンを割り込んでいないこともあり積極的に売り出動とは考えておらず、基本方針通り買いで対応する考えでいます。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, D, ロング
USOIL: WTI原油 サポートゾーンまで到達
52 0 2
USOIL, D ロング
WTI原油 サポートゾーンまで到達

一時は55ドル付近まで上昇していたWTI原油ですが、再度サポートゾーンまで下落となっています。 基本的には60ドル-70ドル方向を考えているため、再度買い出動と思っていますが、 ダブルトップ形成となる可能性もあるので、ネックライン付近は特に注意しておいた方が良いかもしれません。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, 240, ロング
USOIL: WTI原油 78.6戻しに到達
42 0 3
USOIL, 240 ロング
WTI原油 78.6戻しに到達

WTI原油ですが、フィボリトレースメント、78.6戻し及び、逆三尊のネックラインゾーン上限に到達。 買い出すには良い位置かもしれません。 ネックラインゾーンを割り込むようだと、要警戒と考えています。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, W,
USOIL: WTI原油 ネックラインゾーンを上抜けか
54 0 3
USOIL, W
WTI原油 ネックラインゾーンを上抜けか

以前より、大きな逆三尊の形を形成しつつあったWTI原油ですが、 ようやくリターンムーブも終わり、ネックラインゾーンを上抜けしてきたかという形になってきました。 この逆三尊からのターゲットは77ドル付近となりますが、果たして達成することができるのでしょうか。 上昇した場合もターゲットレートの前に60ドルの節目も目処にはなりそうです。 もしこの価格帯を目指すようになるのであれば、世界的にもインフレの流れになっている気がします。 ドル高が継続していくようであれば、なかなか実現しないのではないでしょうか。

hrht_n hrht_n MOD USOIL, 240,
USOIL: WTI原油 一旦戻りの場面がくるかどうか
58 1 2
USOIL, 240
WTI原油 一旦戻りの場面がくるかどうか

OPEC総会での減産合意後、一時は大きな逆三尊の形をつくり60ドル~75ドル水準が視野にと考えましたが、 上値は重く推移しています。 前回の戻り売りの場面での上昇と同一値幅が現在のレートからだと丁度61.8戻り付近にあたります。 ここから戻っていった場合でも、そういった場所では売られる展開なのだろうかと考え中です。

12もっとアイデアを見る
日本
United States
United Kingdom
India
Deutschland
España
France
Italia
Polska
Brasil
Россия
Türkiye
Indonesia
Malaysia
한국
ホーム 株式銘柄スクリーナー FXシグナル検索 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター Web 用 ウィジェット チャートAPIライブラリ 優先サポート フィーチャーリクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 優先サポート 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト