fondiea
ショート

audusdはダウントレンドを成立させるか、レンジ継続か

OANDA:AUDUSD   豪ドル/米ドル
audusdはMPP(P)0.74689とWePP(R1)0.74786により上昇が一時的に止まりました。

ここから反転して、YPP(S1)0.72900にアタックするならば、ダウントレンドへの期待が高まります。
ただし、YPP(S1)への貫通は前回アイデアの通り困難であることは変わりありません。


直近はYPP(S1)アタックを目指すストーリーで取引を考えます。


<<tactics>>
1)MPP(P)0.74689とWePP(R1)0.74786がレジスタンスとして機能した

ショート。
第1リミットは0.74000の上
第2リミットは0.73500の上
それぞれWePPの上を意識しています。

2)MPP(P)0.74689とWePP(R1)0.74786がレジスタンスとして機能したか疑わしい

よくわからなくなってくるため、観察します。



気に入っていただけたらフォローいただけたり、いいねをいただけると大変喜びます!


-------------------------<凡例>-------------------------
茶太線:Yearly Pivot Points (本文中ではYPP)
水色太線:Monthly Pivot Points (本文中ではMPP)
緑細線:Weekly Pivot Points (本文中ではWPP)
藍太線:週足・月足で見た水平線・トレンドライン
藍細線:日足・4時間足で見た水平線・トレンドライン
藍太点線:ラウンドナンバー・ダブルゼロ・大台・キリ番(人によって呼び方は違いますが・・・)

赤曲線:EMA20close
藍曲線:EMA200close
緑曲線:EMA800close
黒曲線:EMA1600close

バツ:機能していない可能性があるライン
-------------------------<凡例>-------------------------
トレード終了: 利益確定目標に到達:
約1日かけてですが届きました。
(写真は撮り遅れています)
トレード終了: 利益確定目標に到達:
第2リミット行きました。
でももう手じまってます。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト