yuya_takahashi_
教育

Pine講座② EMAに設定項目を追加する

FX:USDJPY   米ドル/円
①で表示したインジケーターに設定項目を追加します。

こうすることで、他のインジケーターと同様に、
歯車マークの設定画面から様々な数値の調整ができるようになります。

=====
//@version=3
study( "EMAに設定項目を加える" ,overlay=true )
price = input( close ,title="EMAの対象" )
length = input( 20 ,title="EMAの期間" )
plot( ema ( price ,20 ) ,color=red )
=====

この例では、以下の設定項目を追加しています。

・EMAを算出する対象を選択できるように
・EMAを算出する期間を変更できるように

EMAの対象というのは、終値で計算するのか、始値、高値、安値にするのかなどの調整ですね。
コメント: 間違えました。
正しくは以下です。

=====
//@version=3
study( "EMAに設定項目を加える" ,overlay=true )
price = input( close ,title="EMAの対象" )
length = input( 20 ,title="EMAの期間" )
plot( ema( price ,length ) ,color=red )
=====
コメント: ご要望をいただいたので、各行に解説を追加します!

=====
//TradingView独自の宣言 PineScript ver.3で書くことを表す
//@version=3

//インジケーターのコードに必須
//"" で先頭に入力したものがタイトルになる
study( "EMAに設定項目を加える" ,overlay=true )

//設定できる項目を指定し、その値を変数に格納
price = input( close ,title="EMAの対象" )
length = input( 20 ,title="EMAの期間" )

// ema( ) で移動平均を算出
// plot( ) でグラフを描画
plot( ema( price ,length ) ,color=red )
=====
コメント: 次の講座
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

関連したアイデア

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト