yuya_takahashi_

Pine講座⑤ ボリンジャーバンドを表示する

教育
FX:USDJPY   米ドル/円
今日はPineスクリプトでボリンジャーバンドを表示する方法です。

=====
//@version=3
study( "ボリンジャーバンドを表示する" ,overlay=true )

price = input( close ,title="計算の対象" )
length = input( 20 ,title="算出する期間" )
sma = sma ( price ,length )
dev = stdev( price ,length )

plot( sma )
plot( sma + dev )
plot( sma + dev * 2 )
plot( sma - dev )
plot( sma - dev * 2 )
=====

Pineスクリプトでは、stdev( ) という標準偏差を算出する関数が用意されています。
いわゆる シグマ (σ) ですね。

シグマを算出して、足したり引いたりして plot( ) するだけです。

簡単ですね!
コメント: ご要望をいただいたので、各行に解説を追加します!

=====
//TradingView独自の宣言 PineScript ver.3で書くことを表す
//@version=3

//インジケーターのコードに必須
//"" で先頭に入力したものがタイトルになる
study( "ボリンジャーバンドを表示する" ,overlay=true )

//設定できる項目を指定し、その値を変数に格納
price = input( close ,title="計算の対象" )
length = input( 20 ,title="算出する期間" )

// sma( ) で単純移動平均を算出し、変数「sma」に格納
sma = sma ( price ,length )

//stde( ) で標準偏差を算出し、変数「dev」に格納
dev = stdev( price ,length )

// plot( ) で描画していく
plot( sma )
plot( sma + dev )
plot( sma + dev * 2 )
plot( sma - dev )
plot( sma - dev * 2 )
=====
コメント: 次の講座

小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

関連したアイデア

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。