yuya_takahashi_
教育

Pine講座⑦ 出来高加重移動平均(VWMA)を表示する

FX:USDJPY   米ドル/円
Pineスクリプトでは、移動平均を求める関数がいくつか用意されています。
sma ( )、ema( )、alma( )、wma( )、swma( )、vwma( )、rma( ) などです。

テクニカル指標は「複雑な計算をすれば良い」というものではありません。
むしろ、一目均衡表の均衡点(半値)、移動平均線の平均値など、シンプルな指標の方が良いと考えています。

それぞれの使い方は、公式のドキュメントにお願いするとして、ここでは、個人的に好きな vwma ( ) の使い方を解説してみようと思います。

vwma ( ) は出来高を考慮して価格を平均するものです。
なので、「期間の約定価格の平均値として最も正確である」と考えています。
(平均値として正確なのが指標として良いかどうかは別問題ですが・・)

出来高の数値がとれない銘柄では表示することができないので、使用するのにはちょっとした工夫が必要です。

=====
//@version=3
study( "出来高加重移動平均(VWMA)を表示する" ,overlay=true )

//設定項目の指定し、値を変数に格納する
price = input( close ,title="MAの対象" )
length1 = input( 20 ,title="MAの期間①" )
length2 = input( 40 ,title="MAの期間①" )

//変数をもとに移動平均を算出し、新たな変数に格納
//「A ? B : C」は三項演算子(Aが成り立つならB、そうでないならC)
//ここでは、volume の数値が確認できたら vwma ( ) 、できないなら ema ( ) としている
ma1 = sma ( volume ,length1 ) > 0 ? vwma ( price ,length1 ) : ema ( price ,length1 )
ma2 = sma ( volume ,length2 ) > 0 ? vwma ( price ,length2 ) : ema ( price ,length2 )

//算出した数値を描画する
plot( ma1 ,color=red )
plot( ma2 )
=====

今回から、コメントアウト(「//~~」のこと)で解説を書いていきたいと思います!
過去の投稿にも追記していますので、ご興味がある方は確認されてみてください^^!
Jul 31
コメント: 次の講座
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

関連したアイデア

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト