masao_shindo
教育

サポレジ転換 ~トレンドライン・チャネルラインを引こう~

SAXO:USDJPY   米ドル/円
ドル円 240分足チャート

こうやって改めてみると、チャートって本当に面白いですね。
8月から9月の動きを240分足チャートで見ていきます。

8月の前半に下降の動きがありました。
安値を付けてから大きな陽線が立ちました。
そこからレンジ相場になりました。
次に大きな陰線を絡めて最初の安値を割り込み底抜けのような動きから長い下ヒゲを付けました。
しかし、そこはダマシのブレイクアウトとなりました。
下値支持線(サポートライン)をブレイクするもダマシとなったパターンですね。
FXの動きとしてはよく散見される動きですので、こういった特徴があることを理解しておきましょう。
こういう動きを見るとしびれますね。実に面白い動きです。

ダマシのブレイクアウトから価格は切り返します。
今度は上値抵抗線(レジスタンスライン)をブレイクします。
暫く上昇しますが調整が入ります。
過去に引いた上値抵抗線(レジスタンスライン)のところで止まり切り返します。
抵抗線(レジスタンスライン)が支持線(サポートライン)になりました。
こういった動きの事を「サポレジ転換」といいます。
サポレジ転換の動きは非常に重要で意味のある転換ですので必ず理解しておきましょう。

過去に引いたトレンドラインやチャネルラインなどは、こういう形で再登場することがこの上なく多いです。
では、サポレジ転換することがどういった意味があるのかというと、それまでのレンジから次のレンジに移行したことを示しています。
値位置がかわったのです。それまでの抵抗線が支持線にかわり、新たな高値に抵抗線が出来ました。
今度は、この抵抗線と支持線のどちらに抜けてくるかということになります。

トレンドライン、チャネルライン、水平線をまずは沢山引きましょう。
そして、どういったところが意識されやすいのか、どこをブレイクすると相場の流れに変化が出るのかを見ていきましょう。

移動平均線大循環分析とライン分析を掛け合わせると、精度が向上してきますので皆さんも挑戦してみましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト