予測と分析

バット

バットパターンは、5点で構成されるパターンで2001年にスコット・カーニーによって発見されました。その構造内の各ポイントは特定のフィボナッチ比率で構成されます。地点Dは、特定の1点ではなく相場が反発する可能性のある価格帯と捉えることが重要で、潜在的な反転ゾーン (PRZ) と呼ばれます。主となるX-Aのリトレースメント地点Bは0.618以下である必要があり、0.50または0.382が好ましいです。RPZは3つの収束するハーモニックレベルで構成されます: 1) X-A のリトレースメントの0.886レベル、2) エクステンション型 AB=CD パターン、通常は 1.27 AB=CD、3) BCの投影が1.618。

最初のターゲットは、A-Dのリトレースメントの0.382地点で、2番目のターゲットは、A-Dリトレースメントの0.618地点に設定されます。一般的なストップレベルは、地点Xを過ぎた辺りに設定されます。慎重なトレーダーはトレードに入る前に確認のためのシグナルを求める事があります。バットパターンは、強気と弱気どちらの相場にもみられます。TradingViewにはチャート上でこれらの5点で構成されたパターンを視覚的に識別できるスマートなXABCDパターンの描画ツールがあります。
その他のアイデアを表示
1
2
1
2
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト