カップアンドハンドルパターン

本日人気のある
本日人気のある
いつも人気がある
最も新しい
チャートと動画
チャートと動画
チャート
動画

プロフィール

カップアンドハンドルは上昇トレンドが続いていくためのエントリーパターンとして使用できます。 それは識別するのが最も簡単なパターンの1つです。 カップは柔らかいU字型をしており、前の動きを約1/3に戻し、ボウルのように見えます。 カップを形成した後、価格はカップの前進の約1/3に引き戻され、ハンドルを形成する。 このハンドルは比較的短い期間のレンジ相場である。 完全なパターンは、カップの前進の方向にこのレンジ相場から価格が外れると完了します。

保守的なトレーダーは追加の確認を求めるかもしれないが、価格はその方向に続くだろう。 目標はカップの右のピークからカップの底までの距離を測定し、それをブレイクアウトの方向に延長する技術を使用して推定することができる。一般的な損切レベルは、ブレイクアウトの反対側のハンドルのすぐ外側に置きます。反転したカップとハンドルは、下降トレンドの後に形作ることができる弱気なバージョンです。TradingViewには、smart drawing toolがあり、ユーザーはチャート上でこのパターンを視覚的に識別できます。
411 0 6
USDJPY, 日
ドル円中期ビューアップデート 依然カップ&ハンドル形成中も? [2017-11-02 木 15:11]

11月2日(水)のドル円アップデートです。 ドル円は日足レベルでのカップ&ハンドルを形成してきています。 上値ラインの引き方によっては、 ・既にブレイクしている ・ブレイクしたが失敗した といった見方も可能ですが、 今回は下値との並行ラインで検討してみました。 また青点線で変則的なiH&Sのネックラインも引いています。 まず基本の考えとして、カップ&ハンドルの上値のレジスタンスを ブレイクすれば、さらに上値へという形です。 またiH&Sのネックラインをブレイクすれば 同様に上値方向へという事になります。 そのため基本的にはロングはブレイクを待ってという事になります。 次に波動展開を見てみると 戦後の360円からの75円を5波動として考えれば アベノミクス以降の75円から125円が戻りのA波となります。 そ ...

JA 日本語
EN English
EN English (UK)
EN English (IN)
DE Deutsch
FR Français
ES Español
IT Italiano
PL Polski
SV Svenska
TR Türkçe
RU Русский
PT Português
ID Bahasa Indonesia
MS Bahasa Melayu
TH ภาษาไทย
VI Tiếng Việt
KO 한국어
ZH 简体中文
ZH 繁體中文
AR العربية
HE עברית
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートライブラリ フィーチャーリクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い マイサポートチケット サポートにコンタクト 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト
閲覧
動画