三角保ち合い

トライアングルパターンは二方向のパターンとして知られており、ブレイクアウトによりトレンドが継続ないしは反転する可能性があるということを意味します。基本的には3つの三角形のタイプがあり、これらはその前の値動きを一時的に消化している状況で:対照型(価格が一点に向けて同様のスロープを作っていく2つのトレンド線内にある状態) , 上昇型 ( 価格が平行の抵抗線と上昇する支持線の2つのトレンド線内にある状態)そして下降型(価格が平行の支持線と加工する抵抗線の2つのトレンド線内にある状態)があります。

価格が2つの線の接点に近づけば近づくほどブレイクアウトする確率が上がります。ブレイクアウトがどちらかの方向に発生した場合はこのパターンが完了したと言えます。保守的なトレーダーは追加のシグナルを待ってトレードを行います。利食いターゲットはトライアングルの後ろの高さをブレイクアウトの延長上に引いたポイントとなります。ストップレベルはとくトライアングルのすぐ外側が使われます。
Toru Toru TOP USDJPY, 240, 一年前
USDJPY: 私のポジションと戦略|ドル円は120円の壁を使う
916 0 10
USDJPY, 240
私のポジションと戦略|ドル円は120円の壁を使う

120円を挟んでトライアングルの形に捕らわれているドル円ですが、4時間足の方向を見れば下抜けの力の方が強くなっています。抜けた場合はトライアングルのターゲットとフィボナッチの狙い目が重なるポイントの117円が目安。逆に上に抜けてしまえば123円に向かいますが、市場参加者はドル売り材料を探す流れです。 安全策ならトライアングルを下抜けしたところでストップエントリーする方法があります。個人的には120円を壁に売り増しを検討中です。 ↓リンク先に動画分析を載せています。 http://www.fxkawasechart.com/2015/my-strategy-usdjpy/ 動画で使用した分析方法 ピボットポイント トライアングル ビジュアルターゲット マルチタイムフレーム ローソク足形状の分析 サイコロジカル サポ ...

マーケット
時間足
閲覧
時間
投稿者
ウィジェット
アイデア スクリプト チャート
日本
United States
United Kingdom
India
España
Italia
Brasil
Россия
Türkiye
한국
ホーム 株式銘柄スクリーナー 経済カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター Web 用 ウィジェット チャートAPIライブラリ 優先サポート フィーチャーリクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki Twitter
プライベートメッセージ チャット 公開したアイデア フォロワー フォロー中 優先サポート 公開プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い サインアウト