閲覧

三角形

Popular Today
Popular Today
Popular All Time
Newest

三角形

三角パターンは左右対称パターンとして知られています。これは、ブレイクアウト後にトレンドが継続または反転する可能性があることを意味します。基本的に三つのタイプの三角形があり、それらはすべて価格が連結していることを指しています:対称的(価格は2つの収斂するトレンドラインで同様の角度で収まる)、上昇(価格はレジスタンスとして作用する水平のトレンドラインと上昇トレンドの サポートとして機能するライン)と降順(価格はサポートとして動作する水平のトレンドラインと、レジスタンスとして機能する下落トレンドラインによって含まれます)。

価格がより高くなり(トレンドラインが収束する)頂点に近づくほど、ブレイクアウトの可能性が高くなります。 三角パターンは、どちらの方向にも価格が崩れたときに完成した。保守的なトレーダーは追加の確認を求めるかもしれない。 ターゲットは三角形の背面の高さを測定し、それをブレイクアウトの方向に延長することで推定することができる。 一般的な損切レベルは、三角形のすぐ外側となります。
Toru Toru PRO USDJPY, 240,
USDJPY: 私のポジションと戦略|ドル円は120円の壁を使う
937 0 10
USDJPY, 240
私のポジションと戦略|ドル円は120円の壁を使う

120円を挟んでトライアングルの形に捕らわれているドル円ですが、4時間足の方向を見れば下抜けの力の方が強くなっています。抜けた場合はトライアングルのターゲットとフィボナッチの狙い目が重なるポイントの117円が目安。逆に上に抜けてしまえば123円に向かいますが、市場参加者はドル売り材料を探す流れです。 安全策ならトライアングルを下抜けしたところでストップエントリーする方法があります。個人的には120円を壁に売り増しを検討中です。 ↓リンク先に動画分析を載せています。 http://www.fxkawasechart.com/2015/my-strategy-usdjpy/ 動画で使用した分析方法 ピボットポイント トライアングル ビジュアルターゲット マルチタイムフレーム ローソク足形状の分析 サイコロジカル サポ ...

日本
United States
United Kingdom
India
Deutschland
España
France
Italia
Polska
Brasil
Россия
Türkiye
Indonesia
Malaysia
한국
ホーム 株式銘柄スクリーナー FXシグナル検索 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター Web 用 ウィジェット チャートAPIライブラリ 優先サポート フィーチャーリクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 優先サポート 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト