解説

英国の株式市場は、現地ではshares markets(株式市場)と呼ばれており、主たる株式市場であるロンドン証券取引所は、FTSE 100(大型株)、FTSE 250(中型株)、AIM(小型株)に分かれています。出来高の大半はFTSE100銘柄にあると思いがちですが、英国ではAIM市場にもかなり多くの出来高があり、AIM市場にも大きなチャンスが存在します。英国の株式市場は世界でも最大の市場の一つなので、ほとんどすべての国のあらゆるセクターにわたる幅広い銘柄があります。

英国のペニー株は、現地ではpenny shares(ペニー株)と呼ばれており、安価であるため個人投資家に非常に人気があります。ペニー株では、トレーダーは多くの資産を必要とせずにポートフォリオ運用を開始することができます。ペニー株は、安定した企業の株式よりも投機的で価格変動があり、短期間で大きな値動きをする場合があります。英国のペニー株は、価値が低く、時価総額は比較的小さく、通常、社歴は短いです。

ニュース

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト