予測と分析

バタフライパターン

バタフライパターンは、ブライス・ギルモアによって発見され、さらにスコット・カーニーによって詳しく定義された、独立した5点で構成されるイクステンションパターンです。このパターンにはいくつかのフィボナッチ ナンバーがみられます。地点Dは、ある限られた1点ではなく、どちらかというと相場が反発する可能性のある価格帯ととらえることが重要です。これは、潜在的な反転ゾーン (PRZ) と呼ばれます。X-Aのリトレースメント地点Bは0.786とされます。PRZは3つのハーモニックレベルのセットで構成されています。1) X-A のエクステンションの1.27レベル。2) AB = CD は等しいか、または1.27。3)BCの延長型プロジェクションは2.00、2.24、2.618のいずれか。

最初のターゲットは、A-Dのリトレースメントの0.382地点、2番目のターゲットは、A-Dリトレースメントの0.618地点に設定します。よく使用されるストップレベルは、地点Dか、X-Aの1.41エクステンションの次のレベルを過ぎたあたりに設定されます。トレードに入る前に、慎重なトレーダーは確認のためのシグナルを探します。バタフライパターンは、強気と弱気どちらの相場にもみられます。TradingViewでは、チャート上で、これらの5点で構成されたパターンを視覚的にわかりやすいように使いやすいXABCDパターン描画ツールを用意しています。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト