解説

タイ証券取引所(SET)は、タイ王国の唯一の証券取引所です。1975年に設立され、同国の首都であり、最大都市で経済の中心地であるバンコクに本社を置いています。またバンコクは東南アジアの重要なビジネス拠点と考えられています。SETはタイの証券取引委員会によって規制されており、その電子取引は2012年に開始された取引エンジンであるSET CONNECTを通じて行われています。同取引所は、688社の上場企業を有しており、それらの時価総額は5,690億ドルで世界で23番目に大きな証券取引所です。SETは債券、ETFやデリバティブを取り扱っており、国連のプロジェクトである持続可能な株式取引所のメンバーです。

上場企業の中には、サイアム・セメントグループ、サイアム商業銀行、タイ・オイル、カシコン銀行およびインタッチ・ホールディングスなどの著名かつ活発に取引されている企業があります。主要な株式インデックスは、すべての普通株式銘柄の業績を反映した幅広いインデックスであるSET指数です。同指数は、タイ株式市場の最も代表的な指標と広くみなされています。関連するインデックスには、SET100とSET50があり、それぞれ最も大きく流動性の高い上位100および50銘柄のパフォーマンスを反映しています。すべての構成銘柄が適格性について審査され、定期的に見直されます。SETにはまた、多くのセクターや業界のパフォーマンスを反映した大型株、中型株、小型株のインデックスがあります。

ニュース

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト